専門家の凄さを再確認|相続トラブルサポートを受ける

流れを理解しておく

裁判

遺産相続をするときの手続きや全体の流れ、費用、代行依頼、深刻、納付などのことについて知っておきましょう。両親が亡くなったときには、遺産を相続する必要がありますが、亡くなったときにどのくらい遺産額があるのか、相続人は誰なのかを決める必要があります。そのときには遺言書の確認をして、無いときは弁護士を利用して相続人を決めるために調査をします。
そのときに専門的な知識や流れなどを知っているならばいいですがほとんどの人がわかりません。なので相続に詳しい弁護士に相談しましょう。すると遺産相続が発生したときから3ヶ月以内に相続人を決める必要があります。
その前に知っておくべきことがあり、相続の中には、お金や資産を手に入れられることもありますが、負債を手にしてしまう場合もあります。両親に負債が残っている場合は、相続放棄ができます。なので相続が発生したときには、相続するのか、放棄するのかを決めることも必要です。
そして相続するときは弁護士を中心に遺産分割協議が行なわれ分配が決まります。そのときには必要な書類を作成し、財産の名義を買えます。最後に相続したときの税金を申告、納税する必要があります。相続税は、発生するときと発生しないときがあります。発生したときには、翌日から10ヶ月以内に納付する義務があるので忘れずに納付しましょう。
こういった手続きは一人では難しいので弁護士に相談しましょう。
中には、相談が無料になっている弁護士事務所もあるので気軽に電話やメールなどをしてみると良いでしょう。