専門家の凄さを再確認|相続トラブルサポートを受ける

問題を解決に導く

木槌

福岡で相続に関する問題を解決するためには弁護士や税理士に依頼することが多くあります。その中で、弁護士と税理士のどちらに相談すればいいのかわからない人もいるでしょう。そのときには、これらの士業の違いについて知識をつけておくことが大切になります。
弁護士では、遺言書の作成や執行、遺産分割交渉、調停などを請け負っており、依頼することが可能です。相続が発生したときには、相続分割行儀書を作成してもらうことができます。その中で相続人の意見がまとまらないときには、一人一人の話を聞いて調整、解決するために働いてくれます。
相続の問題を解決できる福岡の弁護士を利用するときは費用がかかるというイメージがありますが、近頃では無料で相談をしてくれる事務所が多くあるので安心できます。

税理士は、相続税に関する問題を取り扱っているイメージが強いです。税理士は、相続税の計算や申告を行なっており、これらの作業は税理士だけ行なえるようになっています。相続税が発生する場合には、税理士を利用して相続の金額を計算しましょう。

このように弁護士と税理士は全く違う業務をしており、相続が発生したときには、取り分を弁護士に決めてもらい、その相続にかかる税金を税理士に計算してもらうという流れになっています。この違いを知っておくだけで相続に関する問題を相談するべき士業がどちらなのかわかるようになるでしょう。
福岡の弁護士は数多くあります。弁護士の中には、得意不得意な分野があるのです。中には、離婚に強い弁護士、相続に強い弁護士、交通事故に強い弁護士がいます。これらの特徴を事前に調べて適切な事務所に相談しに行くことが大切です。