専門家の凄さを再確認|相続トラブルサポートを受ける

慰謝料を削られる理由

相談

交通事故に遭われた方の中には、首のあたりを痛めてしまったという方もいるでしょう。交通事故ではむちうちという後遺障害が有名です。むちうちとは首の部分の打ち身、捻挫、骨折、頭部外傷を指します。むちうちの正式名称は頚椎捻挫や外傷性頚部症候群と呼ばれており、診断書にはこのように記載されます。むちうちは交通事故に遭った日にはほとんど症状が見られません。翌日あたりから首筋や背中、肩にコリや痛みが感じられ、ほかにもめまいや頭痛、耳鳴り、手足のしびれや震え、食欲不振、吐き気、脱力感などの症状が挙げられます。
交通事故によるむちうちは慰謝料が削られてしまう可能性が高いです。その理由は、むちうちは骨折などの器質的損傷を伴わないため、詐病と疑われることがあるからなのです。現実に損保会社からむちうちなら2、3ヶ月あれば完治するといわれ一方的に治療費を打ち切られたというケースもあります。詐病と疑われてしまうこともあるという理由から、交通事故のむちうちは慰謝料を削られてしまう可能性があるのです。
交通事故でむちうちの後遺障害に関する悩みを抱えている方は、法律事務所に相談すると良いです。法律事務所の中にはむちうちの認定ポイントを熟知している事務所や交通事故直後からサポートしてくれる事務所、弁護士が専任でサポートしてくれる事務所などが数多く存在しています。全国に対応している事務所もあるので、交通事故に遭いむちうちを診断されたが慰謝料を削られたという方は相談してみると良いでしょう。